肝臓 サプリメント ランキング

肝臓サプリメント※ランキングと基礎知識

肝臓は、一度わるくなると元には戻らないと言われている臓器ですので、お酒をよく飲む人や健康診断の肝臓の数値がいつもよくない人は、肝臓をケアする成分をしっかり摂取する必要があります。
肝臓に効果のある成分は、ウリン・オルニチン・ウコンなどが肝機能の向上に効果がありますので、そういった成分を食事やサプリメントで摂取する必要があります。これらの肝臓に有効な成分は、食事ではなかかなか定期的に摂取しにくい成分ですが、今は、そういった成分がしっかり含まれる肝臓サプリメントがいろいろ発売されています。
当サイトでは、肝機能向上の効果が高く人気の肝臓サプリメントをランキング形式でご紹介いたします。

肝臓サプリメント ランキング

肝パワーEプラス タウリンの力で肝機能を改善

タウリンが豊富に配合されている広島産牡蠣、長野県産にんにくを国内一の量を含み、体にリラックスをもたらすクエン酸やアミノ酸をたっぷりと配合した紀州産南高梅が含まれているサプリメントです。その良さを知ってしまったら手放せなくなる程の人気です。体内への吸収力も優れており、普通のサプリメントと比較しても4倍の吸収力です。肝臓に有効で、体を癒してくれて、力をくれます。
公式ホームページからの注文で全額返金保証付ですので安心してお試しできますので、お酒をよく飲む人や肝臓の数値に悩まされている人にぜひお勧めの肝臓サプリメントです。

 

もっと詳しく→ 肝パワーEプラス 

レバリズム-L 当サイトなら980円で購入可能

レバリズムは肝臓のための栄養素を考えに考えぬいた結果誕生した、こだわりのサプリメントです。

 

現代の日本には、1000万人ほどの人々が脂肪肝であると言われており、このサプリメントはまさに救世主と言えるでしょう。しじみや牡蠣など脂肪肝を改善する食材のエキスをふんだんに使っています。もちろん、それらの食材は国産で質の高いものを選びぬいています。

 

さらに、肝臓を大切にしたい全ての人に役立つ、肝機能改善に適した、シスチンやビタミン類もしっかり配合されています。

 

もっと詳しく→ レバリズム-L

協和発酵バイオ オルニチン お試しワンコイン購入

協和発酵バイオ オルニチンは、身体機能向上のためにアミノ酸を多量に含んだ、医薬品原料メーカーによって作られたサプリメントです。

 

医薬品原料メーカーによって作られたため、とても高い品質で、安心して摂ることができます。公式サイトではワンコインでお試しに購入できるので、是非試してみてください。

 

もっと詳しく→ 協和発酵バイオ オルニチン

サントリー セサミンEX 定期購入でお得

サントリーセサミンEXは、セサミンをはじめとした美容成分をたっぷり含んだサプリメントです。セサミンや、ビタミンE、コトリエノールなどは若々しい健康的な体を維持するのをたすけるので、疲れで毎日が元気よく過ごせないという方々にお勧めです。

 

公式サイトから定期購入をすることで、お得に購入することができます。

 

もっと詳しく→ セサミンEX 

のんどこ小町

システインペプチドという成分に加え13種類ものマルチビタミンが含まれているサプリメントです。
システインペプチドは本来肝臓にあるものなので、体内に入ってからも体に溶け込み、すぐに効き目として表れます。お酒を飲む方にも最適で、飲みすぎてしまってからでもこれを飲めば安心です。
13種類のマルチビタミンが含まれているため、不足している栄養を補うことにも適しています。

 

もっと詳しく→ のんどこ小町 

 

肝臓サプリメントと病気

不具合が生じても、自覚症状が出にくいために「沈黙の臓器」と言われる肝臓。この肝臓に不具合が生じると、肝臓病に繋がります。肝臓は病にかかっても症状がすぐには出ないのです。ですから病だと判明するのが遅くなるので、気がつけばかなり症状が進行してしまってることが多く、非常に気をつけたい臓器です。
肝臓は人間の体が通常通り働くために、それはとても多くの働きを行っているので、肝臓病にかかると体のあちこちで症状として表れてきます。そのままにしておくと命に関わることにも繋がるので、定期的に健康診断を受診するなど、肝臓の状態を気にすることが大事です。
肝臓病の種類として、肝炎、肝硬変、脂肪肝、肝臓がんなどといったものがあり、病によって表れる症状も異なるのですが、肝臓が悪い時には決まって顔が淡黄色になります。黄色が強い程、症状が進行してしまっているということなので、心当たりがある方は直ちに病院を受診しましょう。沈黙の臓器と呼ばれる肝臓は、その症状が出てからでは手遅れということも少なくはなく、慢性化になることも良くあります。なので普段から肝臓を大事にすることが重要です。
過剰なアルコールを摂るのは止めて、暴飲暴食をせず、バランスのとれた食生活、または、それを補うサプリの摂取や運動をしましょう。

肝炎について

肝臓の細胞が炎症をしてしまって、肝臓の細胞が壊れてしまう病の事を、肝炎と言います。肝炎にはウイルス感染が元で引き起こされたり、飲酒や薬物、自己免疫などが理由となります。他にも肝炎にも色々な種類があります。国内では肝炎のたいていがB型肝炎ウイルスやC型肝炎ウイルスの感染が理由で発症します。
肝炎にかかってしまうと、体のだるさ、皮膚に黄疸が発生する、発熱や吐き気などといった症状が出てきます。単なる風邪と独自の判断でそのままにしておくと症状が進行し、肝硬変や肝臓ガンなどに繋がる事もあります。他にも、肝炎の種類の劇症肝炎は、突然肝細胞が壊れ、肝機能が衰えていき、死に至ることもある非常に怖い肝炎が存在します。
軽い気持ちでいると重大な病なので、もしかして・・・と思ったらすぐに検査をしてもらうのがいいでしょう。ウイルス性の肝炎の種類は、A、B、C、D、E型などが存在します。

 

飲酒が要因となっている肝炎はアルコール性肝炎と呼び、脂肪肝の様が長い間継続されるともたらされます。アルコール性肝炎は、日常的に飲酒の量に気を配っているのならば防ぐことは容易です。
まさか自分が、と思っていたとしても、気づかない間に病にかかっていることもあるので、病院で肝炎ウイルス検査を受診してみるといいですね。有料の病院もあれば無料の病院もありますので、お近くで探してみてください。

肝硬変について

割と耳にすることが多い肝硬変という病。肝硬変が原因で亡くなったという話を耳にしたこともある方もいるでしょう。ですが、肝硬変は肝臓に関わる病なんだろうなとぼんやり思っていても、一体どういった病なのかは詳しく知らない方も少なくはないはずです。
肝硬変という病は自分には関係ないと思っていても、全く関係ないとは言い切れないのです。肝炎などが原因で肝臓が炎症してしまい、肝細胞が壊され壊死、脱落してしまいます。ですが肝臓は再生に対しての能力が非常に高く、脱落してしまった箇所にも新しく肝細胞が生成されます。しかし炎症することが慢性的になると、細胞の再生がされなくなり、硬い再生結節と呼ばれる線維組織で炎症から脱落してしまった箇所をカバーします。すると新鮮な肝細胞ではなく、硬い肝細胞になってしまい、これが肝臓の隅々まで行き渡ると、肝硬変となるのです。

 

肝硬変にかかってしまうと、肝臓が縮小し硬くなり、正確に機能出来る肝細胞の数が減っているので、肝臓は正確には働くことができません。そうなると肝臓がんに繋がりやすくなるのでとても恐ろしいです。肝硬変も他の肝臓の病と一緒で、初めのうちは自覚症状が出にくいです。医療機関などでの検査で肝機能の働きをみる数値などに気を配り、少しでもおかしいと思ったら医師に相談しましょう。肝硬変が悪化すると、尿の色が濃い色になったり、体がむくみやすくなったり、腹水などといった症状があらわれます。

脂肪肝について

近年、30〜40代を筆頭に増加傾向になるのが「脂肪肝」という病です。脂肪肝とは、端的に説明すると、脂肪が肝臓に蓄積し、肥満の肝臓になってしまっている様です。特に過食や過度な飲酒が原因と言われています。最近では成人男性の10%、女性は3%の割合で脂肪肝というデータがあり、子供でさえも脂肪肝となることも増加傾向にあるそうです。
脂肪肝は放置していると肝硬変やウイルス性肝炎などに繋がってしまいます。悪化すると命に関わることもあるので、早めに見つけ、治療を行うことが大事です。ですが脂肪肝も他の病と同様で、自覚症状が出にくいのです。
悪化すると疲れやすくなったり、倦怠感、食欲減退などの症状が出てきますが、これだけでは良違いに脂肪肝だとは言い切れません。なので健康診断などをきちんと受診し、肝硬変や肝炎などの病になってからの発見になるケースも少なくはありません。そうなると治療も苦しいものになるので、定期的に検査を受け、脂肪肝と判明したら直ちに治療を行いましょう。

 

脂肪肝の治療法として、投薬による治療もあるのですが、食生活を改めたり、適度に運動することも治療法としては大切です。他にも、日常的に脂肪肝を引き起こさないために、油っこいものや糖分が多いものはなるべく避け、日常的に簡単に体を動かすようにしましょう。
飲酒も脂肪肝になる原因としてよくある話ですので、よく飲酒をする方は注意が必要です。

 

 

 

脂肪肝は病気ではありませんが

脂肪肝とは、中年の方々に主にみられる、日々の暴飲暴食を原因に引き起こされる、肝臓における肥満のようなものですので、病気ではありません。
当然、内臓の肥満ですので、見た目にはでませんし、痛みなどの自覚症状はほとんどありません。そのため、本人にも周りの人にも気づかれにくいのです。ゆえに、脂肪肝を放っておくことはとても危険なのです。
自覚症状がないゆえに、中性脂肪やコレステロールなどへの対策が遅れ、肝硬変や肝炎、肝臓がんなどの肝臓病を引き起こす原因となるまで気づかないという危険性があるのです。

わかり次第対処を

脂肪肝は生活習慣によって引き起こされるものです。多量のアルコール摂取や、栄養の偏った不健全な食事などが主な原因として挙げられます。本来、1日あたりビール500mLがアルコール摂取量の基準ですので、飲み会などの場ではあ常に気を付けておく必要があると思います。てっとり早く始めることができる対策としては、飲酒量を減らすこと、有酸素運動をしっかり行うこと、などが挙げられます。その健全な生活にプラスして、肝臓を助ける栄養を食事やサプリでしっかりと取ることが重要になります。ちなみに、肝臓を助けるサプリの成分は、しじみや牡蠣に含まれる、タウリンやオルニチンなどです。

 

よく、二日酔いを軽減するための栄養ドリンクにこれらの成分が含まれているため、アルコール分解の効果が良く知られていますが、肝臓サプリによく含まれているタウリンやオルニチンは、肝臓の働きを活発にし、中性脂肪やコレステロールを肝臓に溜めてしまわないようにする効果があるのです。

 

そのため、タウリンやオルニチンを摂ることは脂肪肝の予防改善にとても重要になってきます。

更新履歴