肝臓 サプリメント ランキング

肝臓の病気についての話

■肝炎についての話

 

肝臓の細胞が炎症を起こして、肝細胞が破壊されてしまう病気を肝炎といいます。
肝炎を引き起こす要因には、ウイルス感染や飲酒・薬物、自己免疫などが挙げられます。
肝炎にはさまざまな種類があります。
日本国内で起こる肝炎の大半は、B型肝炎ウイルスやC型肝炎ウイルスの感染によって引き起こされます。
肝炎にかかったときに出る症状としては、倦怠感、皮膚の黄疸、吐き気、発熱などが挙げられます。
自分で「ただの風邪だろう」と判断して放置していると、症状が進み、肝硬変や肝がんにつながるケースもありますから注意が必要です。
肝炎の中でも、劇症肝炎と呼ばれるものは、突然に肝細胞が破壊されて肝機能が低下し、ひどくなると死に至るケースもある怖い病気です。
肝炎は重大なケースもあることをふまえて、ちょっと変だなと思ったらすぐに医療機関に行って検査を受けることをお勧めします。
ウイルス性の肝炎の種類には、A・B・C・D・E型などがあります。
お酒を飲むことにより引き起こされる肝炎はアルコール性肝炎と呼ばれ、脂肪肝の状態が長い期間続くことになります。
アルコール性肝炎は、日頃から飲酒量に気をつけていれば簡単に予防することができます。
「自分だけは大丈夫だろう」と思っていても、知らない間に病気になっていることもありますので、医療機関で肝炎ウイルス検査をしておくと安心でしょう。
肝炎ウイルス検査は、有料のところと無料のところがありますので、事前に調べてから受診すると良いでしょう。

 

■肝硬変についての話
肝硬変という病名は割合有名ですね。
肝硬変が原因で死亡したという話を耳にしたことがある人もいるかもしれません。
肝硬変は肝臓に関わる病気なのは分かっていても、具体的にどういう症状なのか知っている人は少ないことでしょう。
肝硬変という疾患は自分には無縁だと思っている人も多いかも知れませんが、そんなことはありません。
どんな病気がいつ自分の身の上に降りかかるか分からないのです。
肝炎などになって肝臓が炎症を起こすと、肝細胞が壊死(えし)して、脱落します。
しかし、肝臓は再生能力が非常に高い臓器ですから、脱落した場所にも新しく肝細胞が再生されるのです。
そうはいっても、慢性的に炎症を起こしていると、細胞が再生されなくなり、硬い再生結節と呼ばれる繊維組織に置き換わっていくのです。
新鮮な肝細胞ではなく、硬い繊維の肝細胞になってしまい、肝臓全体が繊維組織になってくることを肝硬変といいます。

 

肝硬変になると、肝臓は縮まって硬くなり、正常な機能を持った肝細胞の数が減少しているので、うまく肝臓の機能を果たすことができません。
肝硬変になると、肝臓がんに移行しやすくなるので大変恐ろしい状態といえます。
肝硬変もほかの肝臓の疾患と同様、初期段階では自覚症状が出にくいのです。
病院などで肝機能の検査をしたときに、肝臓の数値に気をつけ、ちょっとでも不安に感じたら医師に相談してみましょう。
肝硬変の症状が進むと、尿の色が濃くなったり、腹水がたまったり、身体がむくみやすかったりしてきます。

 

 

■脂肪肝についての話

 

脂肪肝は、最近では30代から40代に目立って増加傾向があります。
脂肪肝はその名の通り、肝臓に脂肪がたまって肥満のような状態になっていることです。
飲み過ぎや食べ過ぎが脂肪肝の原因です。
近年のデータでは、成人男性の10%、成人女性の3%が脂肪肝であるといわれています。
子供の脂肪肝も増加傾向にあります。
脂肪肝をそのままにしておくと、ウイルス性肝炎や肝硬変につながる可能性があります。
肝硬変や肝炎は重症になると死につながる危険性もあるため、脂肪肝も早期発見・早期治療が大切です。
とはいっても、脂肪肝もほかの肝臓の病気と同様、自覚症状が出にくいのです。
症状が進むと、疲れやすくなったり、だるさが出たり食欲がなくなったりしますが、これらの症状で脂肪肝だと分かる人はまずいないでしょう。
肝炎や肝硬変になってから見つかるケースも少なくありません。
ですから、定期検査や健康診断などはしっかりと受けることが大切なのです。
肝硬変や肝炎になってから治療を開始すると大変な思いをしますから、定期的に肝臓の検査を受けて、脂肪肝と分かったらすぐに治療を開始するようにしてください。
脂肪肝の治療としては、薬物療法もあるのですが、適度な運動をしたり食生活を改善したりすることも重要な治療です。
日頃から脂肪肝にならないように注意して、糖分や脂分が多い食事は避けて、身体を動かす習慣をつけましょう。
お酒の飲み過ぎも脂肪肝になる原因ですから、飲酒の機会が多い人は気をつけて生活習慣を改める努力が必要でしょう。
肝臓の病気に限らず、規則正しい生活とバランスの良い食事、適度な運動は健康の基本です。