肝臓 サプリメント ランキング

脂肪肝を改善する方法とは何か?

脂肪肝を予防して、肝機能を改善するためにはどうすれば良いのでしょうか?
脂肪肝の原因には、肥満・糖尿病・アルコールの飲み過ぎなどがあります。

 

○低カロリー・低脂肪食の実施

 

脂肪肝の原因となる肥満を解消するには、ダイエットしなければなりません。
ダイエットには、低カロリーで脂肪分の少ない食事をする必要があります。
食べ過ぎの人は、食事の量自体を少なくする努力も大切になってきます。
もちろん適度な運動も重要です。

 

○アルコールを控える

 

脂肪肝を改善する上では、アルコールを控えることが重要です。

 

肝臓は別名「沈黙の臓器」ともいわれます。
肝臓は再生能力に優れていて代償能力もあり、肝細胞がダメージを受けても、残った正常な肝細胞が余分にはたらいて、肝臓全体の機能を維持するのです。

 

ですから、肝臓に異常があっても自覚症状を感じにくく、異常に気が付いたときには病状がかなり悪化しているケースが多いのです。
定期的に健康診断を受診して、肝臓の検査の指標を確認しましょう。
また、脂肪肝になる以前から日常的にバランスのとれた食事を心掛け、きちんとした生活習慣で過ごすようにしましょう。

 

 

■脂肪肝に良い食べ物
○脂肪肝に良い食事は、タウリンを多く含む食べ物を摂ることです。

 

肝臓から分泌される胆汁酸は、コレステロールを排出させる機能がありますが、タウリンを豊富に含んだ食品を食べると胆汁酸の分泌が促進されます。
その結果、血液中のコレステロールの値が低下するのです。

 

○タウリンは、酵素の働きをサポートします。
アルコール分解酵素の働きを助け、肝臓にかかるダメージを軽減します。
それから、タウリンは腎臓や肝臓の人体に有害な毒素を排泄する機能を高めてくれます。

 

○牡蠣(かき)に多く含まれているタウリンは、肝臓に蓄積された中性脂肪を除去します。
脂肪肝を改善する機能があるのです。

 

タウリンが肝臓に入ると、最初に肝臓内の中性脂肪を除去します。
それから肝臓の外へ脂肪を排出させるはたらきをします。
脂肪肝の食事療法としては、タウリンを豊富に含む牡蠣などを積極的に食べることです。
牡蠣やしじみなどの貝類やイカやタコなどの魚介類が苦手な人もいるでしょうから、サプリメントなどで補給することも大切でしょう。