肝臓 サプリメント ランキング

非アルコール性の脂肪肝とは?

典型的なアルコール性脂肪肝は減少傾向にあります。
かわって注目されつつあるのが「非アルコール性の脂肪肝(NAFLD)」です。

 

非アルコール性脂肪肝が(NAFLD)の原因としては内臓脂肪の増加で、糖分や脂分の多いバランスの悪い食生活や運動不足が引き金になっています。

 

それから、最近では過度なダイエットをした若い女性などが、体内のタンパク質が足りなくなって脂肪を体外へ排出しにくくなり、肝臓に蓄積されて脂肪肝になることも多くなってきました。

 

この非アルコール性脂肪肝の怖いところは、進行すると「非アルコール性脂肪性肝炎(NASH)」に進行するケースがあることです。

 

脂肪肝の患者の約10%、数にして100万人程度が、非アルコール性脂肪性肝炎だといわれています。

 

非アルコール性脂肪性肝炎は最近注目されるようになりはじめた疾患で、脂肪肝の状態にストレスが加わると起こるといわれていますが、詳細はまだ不明で、治療法も確立されていないのです。

 

非アルコール性脂肪性肝炎は血液検査では診断することが難しく、CT検査でも分からない場合があるようです。

 

非アルコール性脂肪性肝炎の確定診断には、「肝生検」が必要になってきます。
これは、肝臓の組織の一部を採取して病理検査することです。

 

非アルコール性脂肪性肝炎は、ほかの肝臓の疾患と同様に、初期の段階では自覚症状がほとんどありません。
しかし、患者のうち10%程度は進行して、数年以内に肝硬変や肝がんを引き起こすといわれているのです。

 

アメリカにおいて、非アルコール性脂肪性肝炎はウイルス性肝炎やアルコール性肝炎に次いで多い肝臓の疾患となっています。
しかし、日本人においても、近い将来同じような状況になるだろうと予測されています。
糖分や脂肪分の多い欧米型の食事に慣れ、加えて運動不足気味の人が多くなってきているからです。

 

肝炎と聞くと、ウイルス性肝炎をイメージする方も多いでしょうが、非アルコール性脂肪性肝炎は、生活習慣病の延長線上にある肝炎ということもできるでしょう。

 

また、アルコールに関していうと、毎晩晩酌で日本酒3合を5年間飲み続けると、脂肪肝になるといわれています。
脂肪肝になったあとも飲酒を続けていると、脂肪肝が進行して慢性肝炎や肝硬変、さらには肝がんにつながる危険性もあるのです。