肝臓 サプリメント ランキング

脂肪肝とは何か?

食事中の脂肪は、小腸で脂肪酸に分解されて肝臓に送られていきます。
脂質や糖分を取り過ぎて肝臓に送られる脂肪酸が増えすぎると、肝臓では脂肪酸から生成される中性脂肪が蓄積されるようになります。

 

お酒を飲み過ぎることでも肝臓に中性脂肪が蓄積されます。

 

内臓や皮膚の下に中性脂肪が蓄積されると肥満になりますが、肝臓にたまれば脂肪肝になるのです。
脂肪肝とは、肝臓がフォアグラのような状態になったと考えれば良いのです。
健康な状態の肝臓にも3%から5%の脂肪は含まれていますが、5%よりも多くなった場合には脂肪肝と呼ばれます。

 

脂肪肝になった肝臓の組織を顕微鏡で観察すると、肝細胞の中に球状の脂肪がたくさん詰まっているのが見えます。

 

正常な場合の肝臓の脂質は、リン脂質が約3分の2で、主として細胞膜を構成しています。
残りの約3分の1がコレステロールや中性脂肪、遊離脂肪酸です。

 

しかし、脂肪肝になると、中性脂肪が異様に増えて大半を占め、リン脂質やコレステロールがたまることはほとんどないのです。

 

脂肪肝は30代以上70代くらいまでに多く、男性では40歳前後、女性では40代以降の中高年層に多い疾患です。
男性の方が脂肪肝になる人が多く、アルコール性の脂肪肝のケースではそのまま放置すると肝硬変に移行することがあります。

 

○脂肪肝の症状
脂肪肝には自覚症状がないので、定期的に健康診断を受けることが大切です。

 

○脂肪肝の原因
脂肪肝の原因の大半は、過度の飲酒、肥満、糖尿病です。

 

 

◆非アルコール性脂肪性肝炎(NASH)

 

飲酒をしない人でも脂肪肝から肝炎、肝硬変、そして肝がんへと移行することがあります。
これを非アルコール性脂肪性肝炎(Non-alcoholic steatohepatitis:NASH)と呼びます。

 

NASHの原因のひとつに、過度なダイエットとリバウンドをくり返して、肝臓にダメージを与えることが挙げられます。

 

ダイエットで痩せた女性でも、栄養のバランスを崩してしまい脂肪肝になると、NASHを引き起こすこともあるようです。

 

ダイエットで偏食しリバウンドをくり返すことで、肝臓に過度な負担を与え、その結果病気になっては何にもなりませんから注意してください。
バランスの良い食生活と適度な運動をしながら、基礎代謝を上げて健康的に痩せることが大切なんですね。