肝臓 サプリメント ランキング

脂肪肝の原因と症状とは何か?

脂肪肝という疾患には特徴的な自覚症状がありません。
ですから、脂肪肝が発見されるのは、健康診断の肝臓の検査などで偶然発見されることが多いのです。

 

しかし、脂肪肝が進行した状態では、食欲不振や倦怠感、疲れやすいなどの肝臓病の一般的な症状が出現します。

 

健康診断の血液検査で酵素の値をみる、GOT(AST)、GPT(ALT)、γ-GTPなどの指標はご存知の方も多いでしょう。
これらの数値に気をつけ、とくにGPTが基準値を上回っている場合には警戒した方が良さそうです。
アルコール性の脂肪肝のケースでは、γ-GTPも高くなります。

 

でも、健康診断で正常値を示していたから万全かといえばそうでもなく、脂肪肝の患者さんのうちGPTが異常値を示した人は全体の30%ちょっとだった、という厚生労働省の調査結果もあるようです。

 

身体が痩せていれば脂肪肝ではないかといえば、これもそうとは言い切れず、肥満でない人の約5人に1人は脂肪肝だったという調査結果もあるのです。

 

脂肪肝の詳細な定義はないのですが、一般的には「肝臓内の中性脂肪が10%以上になった状態」とされています。
健康な肝臓の状態では、中性脂肪は4%から5%程度です。
また、病理学的な脂肪肝の定義は、「顕微鏡による肝臓の組織標本観察で、100個の肝細胞中に30%以上の脂肪空砲が認められる場合」とされています。

 

脂肪肝が進むと、CT検査や超音波検査で肝臓が白く光るので、脂肪肝の識別や診断は割合容易です。

 

日本人はそもそも、「節約遺伝子」と呼ばれる脂肪を身体にためやすい遺伝子を持っているといわれています。
過去に食糧難の時代を過ごしてきて、節約遺伝子を持った人が生き残ってきたのでしょう。

 

節約遺伝子の素因があるうえに、現代人は不規則で多忙な生活をしていますから、患者がどんどん増えているのでしょう。

 

内臓脂肪がたまってくることによって、脂肪肝だけでなく、動脈硬化や高脂血症、高血圧や糖尿病などの生活習慣病を発症するリスクも大きくなってきます。

 

脂肪肝の主要な原因は、アルコール・肥満・糖尿病の3つです。
アルコールと肥満だけで原因の約70%にもなります。

 

肥満は、過食や偏食による過栄養、運動不足などによって引き起こされ、内臓に脂肪が蓄積されていくのです。

 

また、自分は痩せているから脂肪肝とは関係ない、飲酒しないから脂肪肝とは無縁だ、というわけではありませんから注意が必要です。