肝臓 サプリメント ランキング

肝機能障害について 

定期健診や健康診断などでは、肝臓がどのくらい働いているかを検査します。
その時にこれを調べるための数値のγ-GTP・GOT(AST)・GPT(ALT)という肝機能の数値により、「肝機能障害」との診断結果が出ることがあります。
沈黙の臓器とも呼ばれる肝臓は、不具合が生じていても機能は働きます。なので普通に過ごしていても自覚症状が感じにくく、検査を行って初めて知ることが多いのです。
肝機能障害とは、肝臓にいくらかの不具合が生じていて、通常通りに機能していない状態のことです。
それを判断するために検査されるGOT、GPT、γ-GTP(ガンマGTP)とは、幹細胞中のタンパク質の仲間です。
幹細胞の中では酸素の働きをしますが、通常なら幹細胞にあるはずのもので、血中には微量しか存在しません。
ですが、幹細胞にいくらか不具合が生じていることによって肝細胞からそれが血液の中に流れ込んでしまいます。
なのでこれらの数値が高ければ高いほど、肝臓に大きな不具合が生じているということです。
肝臓の不具合の原因に、飲酒、脂肪肝、慢性肝炎などといったものが多いです。
普段飲酒をする人は、肝機能障害と診断されたら、直ちに飲酒を辞めるか量を減らすようにしましょう。
肝機能障害はそれなりの病を抱えていることもあります。
肝臓の働きがちょっと弱い気がする、と思いながらもそのままにしておくと、肝炎や肝硬変、肝臓がんなどといった大きな病に繋がってしまうこともあります。
病院などで定期的に検査を受けるのが理想でしょう。